ジーパン色落ち日記その1 ROCKETS0006XX

あるジーパンとの出会い

 

ちょっくらジーパンをカッコよく色落ちさせてみよう、と思い立ったのは、あるショップのジーパンとの出会いがきっかけでした。

 

そのショップとは、愛知県で展開しているアメカジショップ、ROCKETS(ロケッツ)!!

ここの社長さんに

「ちょっとうちのジーパン試しに穿いてみてくださいよ!」

と言われ、ワンウォッシュしてあったROCKETSオリジナルの0006XXという品番のジーパンを試着してみたら、

 

ピッタリ!ウエストもレングスもジャストサイズ!

 

穿いていてメッチャ気持ちがいいし、なによりこのジーパンカッコイイ!

これが噂の0006XX

そして、社長さんの巧みなセールストーク。

「いいね!お客さん!ばっちりだね!」

 

即決!

 

かくして、お持ち帰りと相成りました。でもこれ、たぶん縮率サンプル用のワンウォッシュで、本当は売り物じゃなかったのかも。すみませんね社長さん。

 

0006XX詳細

 

 

  • 生地の重さは15オンスぐらい。もうちょっとあるかも。
  • 糸番手は、タテ6番、ヨコ6番。
  • 防縮加工は当然なし。
  • シルエットは某有名ブランドの某有名品番のレプリカ
  • 社長さんのこだわり満載で、そのこだわりは細部にまで及ぶ。(どこそこのステッチ幅は何ミリでとか、何分の何インチでとか、専門的過ぎて忘れました。)
  • ベルトループは山高になっている。
写真ではわかりにくいかな~
  • 裾上げは四つ巻きで、40年代半ばから50年代後半の某XXの仕様と同じ。

  • コインポケットにも耳使用。

  • ボタンは鉄製のオリジナル

 

などなど、こだわり満載の1本です。いいですね~、こだわり。大事ですよね、こだわり。こういうこだわりにこそワタクシはお金を払いたいと思うのです。確かにそこそこの値段はします。某ファストファッションブランドのジーパンの4本分強のお値段です。それでも、そのこだわりと、穿き心地の良さと、カッコよさからすれば安すぎると断言します。それぐらいワタクシが感動したジーパンです。

 

よって、このジーパンを育てることに決定!

 

と、言いつつ、実は穿きこみ開始からすでに2ケ月が経過しております。すいませんね、ブログ始めたのつい最近なもんで。

 

途中経過については、次回報告致します。

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください