ジーパン色落ち日記 ROCKETS0006XX編その4

8ヶ月経過

久しぶりのジーパン色落ち日記でございます。

穿き込み開始から8ヶ月が経過しました。

少しずつ、ホントーに少しずつ色落ちしてきております。この生地は相当手強いです。ま、色落ちしにくいということは、裏を返せばそれだけ品質が良いということにもなりますが。

各部の状況

例によって各部の状況を確認していきます。

フロント。股間周辺は歩いてすれるので、色落ちの進みは早いですね。

 

ヒゲも徐々に白くなってきておりますね。コインポケットのあたりもきてます。

 

反対側。ポケット周辺が少しだけきてます。

 

ベルトループは山高になっているので、中央部が白く色落ちしてきています。細かいところですが、こういうところが大事ですよね。

 

裾のパッカリング。この辺は早いですね。

 

次にバック。

 

左ヒザ裏のハチの巣。まだまだ。

 

同じく右ヒザ裏のハチの巣。こちらもまだまだ。しかし、生地を広げてよく見ると、少しずつ白く色落ちしてきています。

ヒザの内側は歩いて擦れるので、少し色落ちが進んでいます。

という感じで、結論から言うと

まだまだ修行が足りぬ!

って感じですね。

ちなみにまだ洗濯はしておりません。真夏日で汗かいても、裏返して除菌消臭スプレーをかけて陰干し。その繰り返しです。いっぺん洗濯した方がいいのかなー。今度ROCKETSの社長さんに相談してみます。

ところで、この0006XXを集中的に穿き込んでいるので、0003XXの方は一向に色落ちが進んでいません。育てるのにどれだけかかるのか皆目見当がつかないのですが、まあ、気長にやっていきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください