天然石コレクション カクタスクォーツ

サボテンみたいな水晶

本日は天然石コレクション!

カクタスクォーツの紹介です。

クォーツはいいとして、カクタスって何だ?と思いますよね。

カクタスというのは英語でサボテンのことです。この水晶はサボテンがトゲで覆われてるように、水晶のポイントの表面を小さな結晶が覆っています。その姿がサボテンのようなので、こう名付けられました。

確かにサボテンに見えなくもないですね。

謎めいた個体

一般的に、カクタスクォーツはアメジストの変種とされていますが、この個体はアメジストっぽくありません。

それから表面が黄色くなっていますね。

表面を酸化鉄で覆われて、オレンジ色になったものがタンジェリンクォーツという名で知られています。

この個体もその一種だとは思うんですが、何故か黄色ですね。

結晶そのものが色づくシトリン(黄水晶)と違って、表面だけに色が付いているようです。

黄色なので硫黄が付着してるのかとも思ったのですが、そのようなニオイはしません。

チョット謎めいた不思議な水晶です。

表面がキラキラしてキレイですね。

 

ちなみに木製の台座付き。

天然石をいろいろ見ていると、どうしてこんな色、形になるんだろうというような、チョット不思議な個体によく出会います。

詳しく調べれば、全て科学的に説明はつくのでしょうが、ま、謎は謎のままで残しておくのもいいかなあと思いますね。

なんかミステリアスな感じの方が、パワーストーンとしてのチカラがありそうだし。

この個体に関しても、そんな風に思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください