オシャレコレクション エドウィン483XVS

凝ったデザインのテーパードストレート

前回に引き続き、今回もエドウィンのジーパンの紹介です。483XVS、非常に凝ったデザインのテーパードストレートモデルです。

いわゆるヴィンテージライクなデザインからは離れた作りとなっていて、股上は浅め、膝から裾にかけてテーパードストレートになつています。

ジップフライで、トップのボタンはラッパ型。

コインポケットはリベット無し。ベルトループも凝った作りになっています。

後ろ姿もすごいぞ

このモデルはバックの方がより凝った作りとなっています。

まずお尻の部分の装飾が派手です。

ワイルド感満載です!

ジップのついたポケットはダミーで、その下のポケットは本物。

おなじみのW型の飾りステッチも凝ってますね。

革パッチもワイルドです。

全体的になんとなく西部劇風というか、ウエスタンな感じですね。

優れた加工技術

さて、このジーパンの色落ちは全て職人さんの加工によるものです。

腰回りのヒゲや、モモの色落ち。

お尻の色落ちや膝裏のハチの巣。

こういった加工技術はさすがだなあと思いますね。

全体的にワイルドな装飾、加工がなされていますが、シルエットはテーパードストレートでスッキリしています。

こういった装飾や加工がされているジーパンは好きではない、という人もいるかと思いますが、ワタクシは好きでよく穿きます。だってカッコいいから。

人からなんと思われようと、自分の好きなものを好きなように着たいですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください