ルビーとサファイア、実は同じ鉱物だった!

燃えるような赤いルビーと澄んだ深い青のサファイア

燃えるような赤で人気のルビー、そして澄んだ深い青で人気のサファイア。どちらもとても美しいですね。一方は炎を思わせる赤、もう一方は水を思わせる青。色的には対極にある宝石のように思われます。

しかしながら、この2つの宝石は鉱物学的には同じものだったのです。

鉱物名コランダム

実はルビーとサファイアは、鉱物名をコランダムと言います。では、何が2つを分けているかというと、

色の違いだけです。

つまりコランダムの中で色が赤いものをルビーと呼び、その他の色のものをサファイアと呼ぶのです。

ピンクサファイアなどのように、サファイアにはピンク、緑、黄色、紫、橙などさまざまな色があります。その中で赤だけ特別視されて別の名前がついたんですね。やはりその美しさゆえのことでしょう。

ただ、鑑別の世界では、よっぽど濃い赤でなければルビーとして認められないようです。そこそこの赤ではピンクサファイアと鑑別されることも多いです。それだけルビーというのは特別かつ希少なんですね。

パワーストーンのお店などでルビーとして売られている石も色合い的にはほとんどサファイアに分類されるものです。高品質なルビーは宝石業界で流通しており、パワーストーン業界にはなかなかまわってこないようです。まあ、あったとしても値段がとんでもないことになります。

ただ、本質的に同じ鉱物なので、パワーストーンの世界では赤っぽいコランダムはルビーとして売られており、パワー的にも問題ないらしいです。

お堅い(お硬い)石

またコランダムはダイヤモンドに次ぐ硬い石であり、品質の劣るものは工業用として広く利用されています。また、人工的に作ることも出来、それも工業用として利用されています。高貴でお堅い印象のあるルビーとサファイア。別の意味でもお硬い石だったんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください