金と白金とホワイトゴールド、何が違うの?

似たような名前だけれど

貴金属を扱うお店のチラシなどを見ると、金とか白金とかホワイトゴールドなどの文字を目にします。似たような名前のこれらの貴金属、一体何が違うのでしょうか?

特にホワイトゴールド、日本語になおせば「白い金」だし、ややこしいですね。というわけで調べてみました。

やっぱり違ったその正体

まず金と白金について。

金はいわゆるゴールド、白金というのはプラチナのことですね。まあこれは有名なので、皆さんご存知かと思います。

金 原子番号79 元素記号Au

白金(プラチナ) 原子番号78 元素記号Pt

ということで全く別の金属です。

問題なのはホワイトゴールドです。

これは基本は金であり、ニッケルやパラジウムなどを加えて、プラチナのような色合いにした18金や14金のことです。

つまり金と白金(プラチナ)は別物

白金(プラチナ)とホワイトゴールドも別物

金とホワイトゴールドは似た者同士

という感じですかね。

ネーミング的に紛らわしいですね。色合い的にも白金(プラチナ)とホワイトゴールドは紛らわしいですが、白金(プラチナ)なら品位証明の刻印でPtの文字があるはずなので、ちゃんと確認しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください