ホワイトデー 義理チョコのお返し 相場は?

貰ったからにはお返ししないとね

全国の男子の皆様、また今年もこの季節がやってまいりました。そうホワイトデーの季節です。

本命チョコを貰った皆さんはおめでとうございます。倍返しでも10倍返しでも好き勝手絶頂にやっていただければ結構なのですが、問題は義理チョコです。義理チョコのお返しゆえにあまり予算はかけたくありませんが、さりとてあまりにチープなお返しですと、相手に失礼かつ今後の活動にも支障をきたしかねないのであります。

というわけで、義理チョコのお返しの相場はいったいいくらぐらいが妥当であるか調べてみました。

金額的には500円〜1000円ぐらい

いろいろ調べた結果、金額的には500円〜1000円ぐらいが妥当であるということです。貰った物にちょっと上乗せした金額って感じ。まあ、あんまり高級過ぎるの渡しても相手の女性も引いちゃうらしいです。

包装には気をつけるべし

あとは、やっぱりオシャレな包装のしてあるものが良いです。それによって高級感が出て、実際の金額より高く見えるというメリットがあります。

後に残るものは渡さない

クッキーなど食べて無くなってしまうものは良いのですが、後に残る小物などを贈るのはやめた方がいいでしょう。相手の趣味と合わない場合もありますからね。

義理チョコをくれなかった人にも渡すべきか?

今回ワタクシが一番悩んでいるのはここです。

社会人の皆さんの場合、職場の人から義理チョコを貰うというケースが多いと思います。

義理チョコをくれた人にお返しするのは当然として、中にはくれない人もいるわけです。くれなかった人にも渡すべきでしょうか?つまりみんな平等にするべきでしょうか?

理屈としては「お返し」なんですから貰った人にだけ渡せば良い、と男は考えがちです。しかし女性の場合は理屈より感情を優先するとも聞きます。渡さなかったことによって気分を害されて仕事に支障をきたすようなことが無いとも言い切れません。

思い悩んだ結果、今後の仕事を円滑に進めるためにも渡すべきである、という結論に達したのであります。義理チョコくれなかったとしても仕事においてなんらかの世話になっているのは間違いないですし。

というわけで全国の男子の皆様、3月といえば年度末でもあり何かとお忙しい中大変かと思いますが、真心込めてお返しを贈りましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください