天然石コレクション ルチレイテッド・クォーツその2

一応シルバー、ほぼほぼブラウン

今回紹介するのはルチレイテッド・クォーツのブレスレットです。これ、シルバールチルとして売られていたものですが、ほぼほぼブラウン、あるいはカッパーです。

シルバールチルでも、針が密集するほど色がブラウンに近く見える、という話を聞いたことがあります。

地味派手な色合い

全体はこんな感じです。

うーん、やっぱりブラウンですね(笑)。というよりは赤味が強いのでしょうか。

まあでもキラキラしてとてもキレイである事には変わりないので、お気に入りです。

以前紹介したゴールドルチルのようなド派手さはありませんが、身につけるならこちらの方が洋服と合わせやすいかも。

ちょっと地味派手な色合いですね。

水晶の透明度も高くてキレイですねー。

日光を浴びると、光の乱反射で一層輝きを増します。アメジストやスモーキークォーツは光に晒していると退色するため気を使いますが、この個体は気にしなくてよいですね。

14mmと大玉なので存在感は抜群です。

お値段的にゴールドルチルよりはかなりお安くなりますので、ルチル欲しいという方はまずはここらの色合いの物を探すと良いかもしれません。ゴールドとは違った魅力もありますし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください